地区キャビネットの重要な情報をタイムリーにお伝えします。2010~11年期のHP掲載内容へはこちらからどうぞ。

***** 11月7日に報道された、335複合(近畿)地区での不祥事に関して地区ガバナーより皆様へのメッセージ運営方針ページに掲載しています。 ***** Apology Statement for the Supporters of the Lions Clubs and the Members of the District 330-A Lions Clubs International Association *****

TOPICS

  • 釜山国際大会閉会式・330-A地区 阿久津ガバナーが誕生・・・6月26日 10:00~13:30
    新国際会長  ウェインA.マデン (アメリカ・インディアナ州)  大石ガバナーの手によって阿久津ガバナーエレクトの緑のエレクト・リボンが外される
  • 第4回キャビネット会議議事録(NEW)・・・2012年6月11日開催
  • 釜山国際大会開会式・330-A地区ガバナー晩餐会の模様・・・6月24日 10:00、18:00より
  • 釜山国際大会 インターナショナルパレードの模様・・・6月23日 10:00~14:00
  • 釜山国際大会 ジャパンレセプション・「チャングム」宮廷料理の模様・・・6月23日 15:30~17:00、18:00~20:00
  • 釜山国際大会(6月23日~26日開催)へ参加の皆様へ・・・大会参加委員会より
         
  • 2012~13年度ゾーン・チェアパーソン予定者会議およびリジョン・チェアパーソン・GMT・GLT・委員長・会計監査予定者会議を開催・・・6月13日(水) AP西新宿
    <配布資料>来期のクラブ役員・事務局担当者・キャビネット役員予定者の方はご一読お願いします。
    2012-13年度 決定事項
    2012-13年度 330-A地区運営方針
    2012-13年度 委員会諮問事項
    2012-13年度 キャビネット会議日程
    2012-13年度 ガバナー公式訪問日の決定のお願い
    2012-13年度 RC/ZC/委員会世話人および担当委員会一覧表
    2012-13年度 重要な事務連絡について
  • 支援金によるコインランドリー設置のご報告・・・5月20日開所式 石巻市大街道地区
    前地区ガバナー L 河合悦子
    2010~2011年度3月11日に発生いたしました東日本大震災に関しまして地区のメンバー各位の多大なご協力を頂きました事に改めて感謝、御礼申し上げます。
    前年度6月末に330-A地区口座に振り込まれました支援金の中から、使用目的コインランドリー設置ということで、332-C地区に10,000,000円を送金いたしました。設置場所、実際に必要とされる費用等、難題も多く、ほぼ一年を要しましたが、この度当初の予定通り石巻市大街道地区に設置され、5月20日に開所式が開催されました。330-A地区からの支援金は主として機械購入費として使用されましたが、地域からのニーズもあり、LCIFの交付金により、地域集会場も同時に設置され、地域の方がたに利用していただけることとなりました。メンバー各位の支援金が、このような形で活かされましたことをご報告申し上げますと共に、暖かなご協力に心から御礼申し上げます。
    東日本大震災による被災地の復興はいまだ道遠しの感があります。これからもメンバーの皆様と協力しながら、忘れずに寄り添いながら、支援を続けていけますよう願っております。本当にありがとうございました。

    関連記事「有志訪問団、一年ぶりの視察」(レポート:L増田克哉)
     
  • 第4回キャビネット会議を開催・・・6月11日(月)東京プリンスホテル
    今期(2011~12)の最終となる第4回キャビネット会議が6月11日(月)14:00より東京プリンスホテルにおいて開催され、キャビネット構成員、元地区ガバナー、地区キャビネット役員、330複合地区役員など303名が出席しました。 まず議事として提出案件の審議・次期への引継事項の確認、各委員会委員長報告、それから地区の各種行事・会計に関する事項の報告などが行われ定刻に終了しました。 会議の詳細については下記の会議資料を参照ください。 その後別室に会場を移して懇親会が行われ、今期1年の労を相互にねぎらいました。
    (写真撮影:L鈴木郁朗)
         
  • 地区ニュースの内容訂正とお詫び・・・地区ニュース第5号(For the future)3ページの記事
    330-A地区ガバナー 大石 誠 、PR・情報委員会委員長 L梶原 正和

    2012年5月20日発行の地区ニュース「The Lions News For the Future号」3ページ“58回年次大会が開催される”記事中の次期第二副地区ガバナー選挙の結果報告(決選投票)で「東京ワンハンドレッドLC所属 L長井隆充 72票」の記載がありましたが、正しくは172票の誤りでした。 深くお詫びするとともに、改めて各位におかれましては訂正をお願いいたします。(地区ニュース第5号2~3ページの訂正済みPDF
  • 東京キングライオンズクラブ認証状伝達式を開催 ・・・ 6月4日(月) 明治記念館

    2012年6月4日、明治記念館において330-A地区 11R-3Z 「東京キングライオンズクラブ」の認証状伝達式が、大石ガバナーをはじめキャビネット役員や友好クラブ、東京青年会議所理事長など約150名の方々にご出席頂き、盛大に開催されました。
    チャーターメンバーは34名で東京ライオンズクラブをスポンサークラブとして、青年会議所出身者で構成されているクラブです。結成順位につきましては日本順位・3748位、複合順位・568位、地区順位・223位となっています。
    東京キングライオンズクラブのメンバーは、青年会議所活動を共にした同志たちの集まりです。青年会議所は「奉仕」「修練」「友情」の3つの信条のもとに活動をしています。40歳で卒業を迎えた青年会議所のOBメンバーは、それぞれのポジションで社会に貢献する活動を続けてまいりましたが、この度、それぞれの力を一つにしてより大きな力とするべきではないかとの答えを見出しました。
    1952年にマニラ(Host)ライオンズクラブのスポンサードを受け東京ライオンズクラブが誕生し、我が国にライオンズクラブ運動がスタートしました。設立から60年余り、ライオンズクラブ運動はその成果を確実に地域に根づかせてきました。その年月の中で様々なNPO・NGO団体が誕生し、地域の中で単機能としての奉仕活動を行っています。
    東京キングライオンズクラブはその単機能であり、各分野でのスペシャリストである他の団体同士の協業を促しながら、自らもその活動への協業参画を目指しています。また過去、所属した青年会議所とのパイプも太くし今後のライオンズクラブ活動のより強い推進に繋げて行きたいと考えています。
    3年後には会員を100名まで拡大することを目指し、チャーター記念アクティビティーとして日本橋に期間限定でボランティア・スペースの運営を計画中です。
    クラブ名の「キング」とは「王」の意では無く「第一人者・先駆者」を意味しています。(レポート:東京キングLC幹事 L古川竜也)
       
     
  • 東京ライオンズクラブ結成60周年記念式典を開催 ・・・ 5月31日(木) パレスホテル東京
    (東京ライオンズクラブはマニラライオンズクラブをスポンサークラブとして1952年3月5日に、日本で最初に結成されたライオンズクラブです)
    2012年5月31日 午前11時よりパレスホテル東京「葵の間」でウィンクン・タム ライオンズクラブ国際協会会長、山浦晟暉国際理事、江達隆謹上國際理事、 大石 誠 330-A地区ガバナー、マニラライオンズクラブ キャニディGプア 会長、台北第一中央國際獅子會 麻 珩 會長、ソウルライオンズクラブ 李 善行 会長臨席のもと、東京ライオンズクラブ結成60周年記念式典が開催されました。
    山本和夫会長の開会宣言、開会ゴングが満員の葵の間に響き、厳かに式典が始まりました。 主賓の皆様からの祝辞、スポンサークラブへの感謝状贈呈、記念アクティビティの発表など内容は国内のみならず国際色豊かな設えとなりました。 日本の、世界のリーダークラブとして未来へ飛躍する姿がお祝いに詰めかけたメンバーへ力強く発信された東京ライオンズクラブ結成60年式典でした。
    (写真・レポート:IT委員会 L赤尾嘉晃)
         
  • 第8回環境リーダー養成講座を開催 ・・・ 5月25日(金) 環境保全委員会(桐井義則委員長)

    第8回環境リーダー養成講座が平成24年5月25日(金)新宿京王プラザホテル「ムーンライト 43階」にて開催され、大石ガバナー・阿久津ガバナーエレクトをはじめとする地区各クラブライオンズメンバーおよび関係者約100名が参加しました。 業界における環境活動の取り組みや商工会議所主催の「エコ検定」の説明、太陽光発電の有効な活用の仕方などの講義と共に、環境活動に取り組む、山手LC・吉祥寺LC・ワンハンドレットLCの活動発表を頂きました。
       
  • 東京赤坂ライオンズクラブ結成50周年記念の会を開催・・・5月28日(月) ホテルオークラ
    「また会う日まで」ビデオ
    東京赤坂LCの結成50周年記念式典が5月28日ホテルオークラ平安の間にて盛大に開催されました。 50周年にふさわしく、港区長をはじめとする多くの一般ご来賓、大石ガバナー・山浦国際理事・山田理事会アポインティをはじめとする地区内外からの大勢のメンバー合わせて400名をはるかに越える出席者が、赤坂LCの一層の躍進と阿久津ガバナーエレクトの輝かしい船出をお祝いしました。式典の後は、山折先生の記念講演・code”M”のコンサート、そして楽しく賑やかな大祝宴が続き、最後は大きな輪になり「また会う日まで」でお開きとなりました。
    ました。(写真:L鈴木郁朗、 ビデオ:L荻野桂一、 レポート:L荘 英隆)
  • 東京都障害者スポーツ大会 開催 ・・・ 2012年5月26日(土)27日(日) 2日間ともに 10時00分~15時00分 開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場 陸上競技場
    主催: 東京都・公益社団法人東京都障害者スポーツ協会 特別協賛団体: ライオンズクラブ国際協会330-A地区

    330-A地区では第13回東京都障害者スポーツ大会(主催・公益社団法人東京都障害者スポーツ協会)に対して、特別協賛団体として平成12年より継続支援をしてきました。 障害を抱えた方々はこの大会を目指して1年間努力と練習を重ね、その成果を試す大会として楽しみにし、多くのライオンズクラブメンバーから送られる暖かい声援は選手の皆さんの勇気と奮起の原動力になったことと思います。
         
     
  • 東京平成ライオンズクラブ認証状伝達式を開催 ・・・ 5月25日(金) ザ・キャピタルホテル東急

    2012年5月25日 ザ・キャピタルホテル東急にて東京平成ライオンズクラブの認証状伝達式が開催された。  330-A地区では224番目のクラブとなる。 チャーターメンバーは26名、うち女性メンバー4名、ライオンズ経験者3名、平均年齢41歳の若いクラブの誕生である。 メンバー全員が現役でもあり、仕事と奉仕を両立させる為に、集合しての例会は月に1度、後はネット例会としメンバーすべてがネット上にて積極的に意見交換出来るスタイルを採用した。 チャーター記念アクティビティは東北支援の一環として被災地に図書を寄贈する計画を親クラブである数寄屋橋LCとともに行うこととした。 親クラブとの関係を密にし協力しあうことにより、より幅広い奉仕の輪を広げることをアクティビティの基軸としている。 そのため基金作りのアクティビティも親クラブと合同で行うことを発表した。 7月11日には平成クラブにてチャリティゴルフ大会を、9月8日には東京ポートボウルにおいてチャリティボウリングを開催予定である。 また全国に平成ライオンズクラブを冠するクラブがあり、全国平成同名友好会が結成されており友好会にも参加している。 今回の認証状伝達式にも、成田平成・越谷平成・倉敷平成・富山平成・福山平成・名古屋平成・熊本平成よりメンバーが23名お祝いにかけつけてくれたのも特徴的である。 東京平成ライオンズクラブは今後も新しい試みを行い、奉仕のスタイルを考えていくと肥田野会長は語る。 まだまだ産声をあげたばかりの東京平成ライオンズクラブであるが、積極的な奉仕活動を効果的に行って いくため、メンバー同志一丸となり歩みだしたのである。 (レポート:平成LC L坪谷 茂)
  • 次期三役セミナーを開催・・・5月21日(月)14:00~16:00 憲政記念会館大ホール
    <重要資料>
    2012~2013年度 決定事項 ・ 2012~2013年度 330-A地区運営方針


    次期(2012~13年)の地区内各クラブ3役(会長・幹事・会計)を対象とした次期三役セミナーが開催されました。 伊賀キャビネット幹事による開会の言葉、大石ガバナーの挨拶に引き続き、第一部として阿久津ガバナーエレクトによる次期キャビネット運営方針の説明、会計・サバンナ・会長役割について各担当者による説明・次期幹事団予定者の紹介などがおこなわれました。 第二部では阿久津ガバナーエレクトの司会のもと、クラブ運営に関連する各委員会によるサポートの説明が今期・次期委員会の代表によりおこなわれました。 以上の内容は次期クラブ三役の運営準備に大いに参考になり、クラブにおけるリーダーシップの発揮に役に立つものと思われます。 次期クラブ役員およびクラブ事務局担当の方は、上記の配布資料の内容のご確認をお願いします。
    (写真撮影協力:L鈴木郁朗)
         
  • 南三陸町に福祉車両を届ける・・・4月5日(木) 東京新都心LC

    2012年4月5日(木)東京新都心ライオンズクラブの会長、副会長、同クラブ復興支援委員会委員長らクラブメンバーらが東日本大震災被災地の宮城県南三陸町仮設役場を訪れ、去る3月11日(日)東京新宿区の新宿中央公園にて開催したチャリティイベントにて集まったバザール売上金や、同クラブの指定ドネーションなどの基金で購入した障がい者リフト付き福祉車両を届け、贈呈式を行った。贈呈式には南三陸町長のほか南三陸志津川ライオンズクラブ会長ほか同クラブメンバーや、役場関係者、330-A地区からは副地区ガバナーや複合地区アラート委員らが立ち会った。同車両はその場で町長から南三陸社会福祉協議会に渡され、両クラブ友好の記念に東京から持参した桜の苗木が、役場近くと、社会福祉協議会近くに植樹された。
    (レポート・写真:新都心LC L柴田 誠)
       
  • 新入会員セミナーを開催 ・・・ 5月14日(月) AP西新宿 指導力・若手育成委員会
    <立ち見が出るほど盛況だった新入会員セミナーを振り返って> 指導力・若手育成委員会 委員長 三輪正雄
    5月14日天候に恵まれた、午後2時から西新宿AP西新宿にて『新入会員セミナー』が開催されました。セミナー対象者は入会3年未満のメンバーとしていましたが、総勢92名、老若男女さまざまなメンバーの方々にご参加いただきました。行き届かない設営でしたが、この場を借りてご参加いただきました方々に厚く御礼申し上げます。 内容としては、
    ①会員増強委員会 橋口委員長による「これだけ知っていれば、もう大丈夫!」ライオンズ必携早わかり。 自らが手がけた小冊子とプロジェクターを駆使して1時間を越える熱弁を振るっていただきました。
    ②家族会員・女性参加推進委員会 小川委員長には、「家族会員の成り立ちと女性会員の目指すもの」と題して、これからのライオンズにおける女性メンバーの必要性について熱く語っていただきました。
    ③最後は、当委員会が作成した世界のライオンズアクティビティの様子をビデオ上映しました。
    講演形式での2時間にも及ぶセミナーでしたが、いずれのメンバーも真剣に話しを聞き、メモを取る姿を見て、若手メンバーの奉仕活動に対する前向きな姿勢を感じるとともに、ライオンズの先輩として若手メンバーが思う存分活動できる体制作りをしていかなければならないことを痛感しました。
    今後の課題として、単なる講演だけではなくキャビネットサイドと若手メンバーが自由にディスカッションできる時間を作ったほうが、さらにライオンズ活動の重要性・面白さをアピール出来たのではなかったかと思います。
    ともあれ、皆様のご協力のおかげで有意義なセミナーを開催することが出来たことを感謝いたします。 ありがとうございました。
    (写真撮影:L赤尾嘉晃)
       
  • 「山浦国際理事と語る会」を開催・・・4月27日(金)スクワール麹町 国際理事委員会
        
    「山浦国際理事と語る」と題したセミナーが4月27日、「スクワール麹町」で国際理事委員会主催のもと、約110名の参加者の下開催されました。2010年シドニーの国際大会で選出されてから22カ月間、国際行事や直近のサンフランシスコ国際理事会で討論された案件をはじめ、国際理事が提案した「薬物乱用防止の運動」、東日本大震災で災害本部長としてLCIFの援助を受けて活躍した内容等の話がありました。
    後半には国際理事に直接質問する時間が設けられ、いくつかの質問に答えた国際理事と参加者は、今まで以上に国際理事とはもとより国際協会とメンバーとの距離が縮まる親交の深まった意味深いセミナーとなりました。
    尚、「はしかイニシアティブ」について、講演を行い、終了後ドネーションを募ったところ、21,920円が集まりました。 セミナーの詳細内容についてはセミナー説明資料(PDF)をご参照ください。
         
     
  • 第58回年次大会を開催・・・4月21日(土)東京プリンスホテル
    第1部代議員会、第2部大会式典、第3部懇親会の3部構成で、第1部は、地区ガバナー・エレクト、次期第1副地区ガバナーの選任と次期第2副地区ガバナーの選挙、そして経理、IT/PR・情報など10の各分科会に分かれ提出議案の審議・シンポジューム等が行われました。第2部は、五百旗頭 真先生の基調講演(テーマ:東日本大震災後の日本の将来)のあと、クラブ、個人のガバナーズアワード表彰式が行われ、今期の功績が讃えられました。第3部では、プリモのミニコンサート、絆(ラッキー)カード抽選会が企画され、華やかな中にも被災地復興支援が盛り込まれ、大石ガバナーのきめ細やかな思いが集約された懇親会でした。(記録部会 レポート:L赤尾嘉晃 写真撮影:L鈴木郁朗)
     年次大会式典 ガバナー 大石誠  ガバナー・エレクト L阿久津隆文
    次期第一副地区ガバナーL鈴木定光
    次期第二副地区ガバナーL塩月藤太郎
     ガバナー・エレクト入場
    次期第二副地区ガバナー選挙の結果報告(決戦投票速報)
    登録代議員数474名 投票総数467票 有効票 448票 白紙票 16票 無効票 3票
    東京ワンハンドレッドLC所属 長井隆充L ⇒ 172 票
    東京田無LC所属       塩月藤太郎L ⇒ 276 票
    東京田無ライオンズクラブ所属の 塩月藤太郎ライオンが次期第2副地区ガバナーに選出されました。
  • 次期第2副地区ガバナー選出選挙の開票結果(1回目投票)

    2012~2013年度第2副地区ガバナー選出のための選挙の結果を報告します。
    登録代議員数【 474】名  投票総数【 473】票  有効票 【 469】票
    白紙票 【3】票  無効票 【 1】票  棄権票 【 1】票

    東京ワンハンドレッドLC所属 長井隆充L ⇒ 【 107】票
    東京蔵前LC所属 山田達L        ⇒ 【 47】票
    東京文京LC所属 吉田實L         ⇒ 【 90】票
    東京田無LC所属 塩月藤太郎 L     ⇒ 【 134】票
    東京大江戸LC所属 熊野活行L      ⇒ 【 91】票
  • 第39回千鳥ヶ淵戦没者墓苑「戦没者追悼慰霊式典」を開催・・・ 東京葵ライオンズクラブ主催
    2012年4月7日(土)10:00~12:00

    今回で39回となる「戦没者追悼慰霊式典」を、晴れやかな桜満開の千鳥が淵戦没者墓苑で執り行いました。 参加者総勢366名にもなる式典でしたが、その中でも大石ガバナーや、河合前ガバナー、石井元ガバナー、など歴代ガバナーや山浦国際理事含め、150名からのライオンズの方の参加をいただき、そして千代田区区長にも参加をいただいて盛大におこなうことができましたことをみなさまに感謝申し上げます。 日本の今日の繁栄は、ここに眠る御霊35万4332柱の犠牲のもとにもたらされていることを忘れてはいけません。そのことを私たちライオンズクラブのアクティビティとして、この式典を通して受け継がれている意義には大変大きなものがあります。決して忘れてはいけない、特に戦争を知らない世代にとって改めて、御霊に感謝を申し上げます。(レポート:L高尾省吾)
  • 2012~2013年度330-A地区 地区ガバナーおよび第1・第2副地区ガバナー立候補者の公示
    次期地区ガバナーおよび次期第1副地区ガバナー、次期第2副地区ガバナー立候補予定者に立候補届出のご案内をいたしましたところ、届出締切日の2012年3月16日(金)16時30分までに、下記の通り立候補を受理致しましたので、ここに公示致します。
                                  記
    次期地区ガバナー立候補者は(1名) L阿久津 隆文(あくつ たかふみ) (東京赤坂LC所属)
    次期第1副地区ガバナー立候補者は(1名) L鈴木 定光 (すずき さだみつ) (東京江東南LC所属)
    次期第2副地区ガバナー立候補者は(5名) 抽選順
    L長井 隆充 (ながい たかみつ) (東京ワンハンドレッドLC所属)
    L山田 達 (やまだ とおる) (東京蔵前LC所属)
    L吉田 實 (よしだ みのる) (東京文京LC所属)
    L塩月 藤太郎(しおつき とうたろう)(東京田無LC所属)
    L熊野 活行 (くまの かつゆき) (東京大江戸LC所属)
                                  以上   ・・・  詳細は 選挙公報 (PDF) をご参照ください。
    資格審査については、3月23日(金)「選挙管理委員会」にて資格審査を行った結果、適格であったことを報告いたします。
  • 「選挙に関する立会演説会」を開催・・・4月2日(月) 東京プリンスホテル 2階「マグノリア」

    「地区ガバナー、第1副地区ガバナー立候補者の所信表明演説、第2副地区ガバナー立候補者の所信表明演説、応援者推薦演説」
  • 日本ライオンズメンバーシップセミナーが開催される
    2012年4月1日(日)東京ベイ舞浜ホテルグランドにおいて、333複合地区がホストとなりケイ・フクシマ元国際会長(米国カリフォルニア州サクラメント)を迎えて“日本ライオンズメンバーシップセミナー”が開催され、日本全国8複合地区から約300人のメンバーが集まった。L後藤隆一元国際理事の司会で、高田順一国際理事が開会のあいさつをしたのち米日両国の国歌斉唱後GMT会則地域副リーダーとして後藤隆一元国際理事が開催経緯及び趣旨説明を行った。この後ライオンズクラブ国際協会統括部長の川平謙慈氏が「会員動向・グローバル会員調査報告」と題し日本の会員動向について様々な興味深い調査結果が報告された。K.K.フクシマ元国際会長は「日本ライオンズの活性化に向けて」参加メンバーと対話形式でクラブの強化と地区の発展について話し合った。また、パネルディスカッションでは山田實紘元国際理事の、大野元裕前地区ガバナー(330-C )長澤千鶴子副地区ガバナー(333-C )、L進藤義夫(330-A クラブ会長)がパネリストとなりパネルディスカッションを行った。最後はGMTエリアリーダーL後藤忍が締めくくった。(レポート・写真:L柴田 誠)
  • 3月30日(金)・・・盛大に渡辺豊隆翁百寿を祝う会が行われる
    帝国ホテルにおいて、330-A地区元ガバナー渡辺豊隆氏の百寿を祝う会が行われた。同会は地区内の有志メンバーらが、元ガバナーを中心に会の開催を呼びかけ、地区内外のメンバーや政治関係者らを招いて行われた。この日は総勢500名の関係者らが集まり、渡辺豊隆氏を祝った。お祝いに駆け付けた政治関係者は元文部大臣の奥野誠亮氏が「自らも間もなく99歳になる、古い昔の話だが日本人の精神を忘れてならない、ともにまだ頑張ろう」と励まし、参議院議員前副議長の山東昭子氏も「長い付き合いだが、まだまだ見習うことがある」と語り、ライオンズクラブを代表して山浦国際理事は「今の国会関係者の中では渡辺氏が一番古いことを知っている人」とも表現してエールを贈った。開宴に伴う祝いの舞は“勧世流シテ方”坂口貴信さん他の若手能楽者の笛や鼓が響き渡り八王子芸者衆の舞や、二個演奏(楊雪さん)なども披露され、祝いの席を盛り上げた。参加メンバーはそれぞれ渡辺豊隆氏を囲んで記念撮影をするなど楽しんだ。(レポート:L柴田 誠、写真撮影:L鈴木郁朗)
  • 3月21日(水) 第3回キャビネット会議(キャビネット構成員)をAP西新宿会議室において開催・・・ 会議の内容については議案集資料集①資料集②委員長報告書(新)諮問委員会資料会議議事録(NEW)を確認ください。
  • 3月26日(月) 東京平成ライオンズクラブ結成会を挙行(ザ・キャピタルホテル東急に於いて)・・・スポンサークラブ:東京数寄屋橋ライオンズクラブ 結成メンバー数:21名、平均年齢41歳、入会金:1万円、年会費:12万円、例会場所:リビエラ(青山)、例会日:第一例会=第二火曜日、第二例会=ネット例会 チャーターナイト:5月25日(金)ザ・キャピタルホテル東急 会長:L肥田野晴三、幹事:L田村聖二 所属:第2R第2Z
  • 3月25日(日)第8回青少年英語スピーチコンテストを開催・・・YE委員会(委員長 L織本真一郎)
    AP西新宿 13:30~16:00 スピーチコンテスト発表者:16名(大学生・高校生) 審査員:L石原宏高、L河合悦子、Ms.Reiko Minegishi テーマ: 「東日本大震災に思う事」「私の趣味」「ボランティアを考える」「私の夢」、以上の中から自由に選び、発表時間は5分を予定。 選考基準: ①日頃考えている事、意見等を英語で積極的に発表する意欲が見られる事 ②日常生活で、英語をより身近なものにするための取り組みがみられるか ③流暢であるか否かは問わない 東京都知事賞副賞:YE生として約3週間ヨーロッパに派遣
    入賞者・・・東京都知事賞:渡邊慎平(早稲田大学1年)、ガバナー賞:相野谷美理(東京女学館高校2年)、YE委員長賞:松本華奈(東京大学2年)、会場賞:高橋萌(東京純心女子高校1年)
    東京都知事賞:渡邊慎平 ガバナー賞:相野谷美理 発表者・審査員・YE委員会
  • 3月18日(日)ライオンズクラブ法人化検討セミナーを開催・・・法人化検討委員会(委員長 L池田和司)
    AP西新宿会議室にて(15:00~17:00)
    講師:330-C地区前ガバナー 大野元裕L、 東京青年会議所理事 有賀靖典氏
    まず「新しい公共とライオンズクラブ」というテーマで大野元裕Lが講演、ライオンズクラブの法人化についての一案として、認定NPO法人になった場合のメリット、それから単一クラブ、準地区、複合地区レベルでの各ケースにおいての認定NPO法人化の可能性について詳細に説明がなされました。
    引き続き「公益社団法人東京青年会議所に見る法人化について」というテーマで東京JC理事の有賀氏が講演、東京青年会議所が公益社団法人として認定されるまでの具体的な経緯、申請時に努力した点、メリット・デメリット、それから公益社団法人と一般社団法人の違いなどについて説明がなされました。
    それぞれの講演はセミナー参加の地区メンバーにとって大いに参考となったものと思われます。
    セミナー配布資料:「ライオンズクラブの法人化についての一案」「公益社団法人東京青年会議所にみる法人化について」
    講師:大野元裕L(330-C地区前ガバナー)   講師:有賀靖典氏(東京青年会議所理事)
    セミナー会場  法人化検討委員会メンバー
  • 被災地支援のチャリティイベントに各地から応援・・・東京新都心LC(会長 L池田謙司)
    東京新都心ライオンズクラブでは2012年3月11日(日)“忘れられない日”となった日に東日本大震災被災者を支援するためのチャリティイベントを新宿中央公園で、地元新宿区西新宿の角三町会(会長 廣川貞雄)とともに開催した。同クラブでは当初、被災地に障害者用福祉車両を寄贈する計画を立て、この資金を獲得するためクラブ独自でチャリティバザーを企画したが、新宿という立地で比較的広い会場(中央公園の噴水前広場)が確保できたため、共同開催クラブを募ったところ、各地から申し込みがあり大きなイベントとなった。会場ではチャリティバザーのほかにも、新宿区や東京消防庁の協力で、地震の揺れを体験できる地震体験車や、煙ハウスで火災時の不自由さを体験したほか、消防用ホースを持っての消火放水体験も実施され、大人も子供も災害時の大変さを感じた。地元町会では、角筈地区青少年育成委員会・児童館・こども園・西新宿小学校の応援を得て焼きそば、フランクフルト、綿あめなどの販売をするなど、通りかかった一般の方が楽しめる楽しいイベントになった。会場には約2,000名の人が訪れ、支援活動に声援を送った。バザーの売り上げは予想を上回り、同クラブ会長L池田謙司は「これで被災地に福祉車両を贈ることができる、今後も支援を継続したい」と語っていた。(レポート:東京新都心LC L柴田 誠)
    その他イベント参加団体:公益財団法人オイスカ ・角筈地区青少年育成委員会 ・児童館 ・こども園 ・西新宿小学校 ・チームKAWAI ・東京江戸川東LC ・東京みやこLC ・多治見LC ・多治見陶都LC ・土岐LC ・土岐織部LC ・瑞浪LC ・瑞浪桔梗LC ・岐阜あかつきLC(新規結成) ・東京世田谷LC ・東京ワンハンドレッドLC(EN女医会(エンジョイ会・援助医会)) ・東京平成LC(新規結成クラブ) ・鯖江王山LC ・東京渋谷LC ・東京数寄屋橋LC ・東京葵LC ・東京蒼天LC ・南三陸志津川LC ・石巻中央LC ・野田LC ・松戸ユーカリLC ・市川LC ・川越初雁LC ・日立桜L ・三軒茶屋LC ・長岡LC ・大宮グリーンLC ・東京ウィルLC 他
    ※地元角三町会・青少年育成委員会が、焼きそば、フランクフルトソーセージ、綿あめ、焼き芋の販売行いました。
    ●協賛企業:株式会社伊藤園 ・株式会社ロッテ ・新宿ワシントンホテルビル商店会 ・清水屋食品株式会社 ・マルエツプチ西新宿三丁目店 ・株式会社紀州屋製麺 ・清水屋食品株式会社 
  • 会員維持セミナーを開催・・・2月24日 AP東京八重洲通りにて 会員維持委員会主催
    2月24日(金)AP東京八重洲通りで開催、約110名の地区メンバーが参加しました。脇村孝友会員維持委員長、ガバナーの挨拶に続き、吉澤隆志L(東京早稲田LC)による[大会防止対策について] の講演がありました。そのあと3クラブの事例発表があり、盛況のうちに終了しました。会員増強はもちろんですが、退会を防止することはさらに重要で、そのためにはアクティビティーが大切で、その選択が各クラブに求められる(吉澤L)との貴重なお話を聞くことができました。(レポート:L矢田部満)
  • 「口と足で描いた世界の絵画展」を開催・・・東京晴海ライオンズクラブ 2月8日~10日 晴海アイランド・トリトンスクエア

    2008年から開催して今年で5回になります。「晴海アイランド・トリトンスクエア」の後援(晴海アイランド・トリトンスクエアの管理会社の社長が晴海LCのメンバーです。)と「口と足で描く芸術家協会」の協賛を得て、2月8日から10日の3日間に亘り、晴海アイランド・トリトンスクエアのグランドロビーをお借りして、障害者の「口と足で描いた世界の絵画展」を開催致しました。当日は330-A地区のメンバーの方々も、ご鑑賞にお出で下さいました。今回の絵画は、以前の絵画より筆のタッチが荒く感じられました。しかし、健常者の私には展示されている様な絵は到底描けません。今回も絵を売って欲しいという方が数名おられ、メンバーは「口と足で描いた芸術協会にお問い合わせ下さい。」と説明をするばかりです。私が感動した写真を何点か撮っておりましたので載せます。鑑賞にこられた方々は、大変感動をして下さいまして、「観に来て良かった」と言って、自発的に「感謝の箱」にお気持ちを入れて下さいました。もう一度見直して、再度高額のお気持ち「感謝の箱」に入れて下さる方も居ました。鑑賞に来られた女性がライオンズクラブに入りたいと名刺を置いて行かれ、後日お会いしライオンズクラブのことを説明し、2月22日の第二例会に見学に来てもらうようになりました。入会に繋がれば良いと思います。オーストラリアのジャーナリストが取材をさせてくれと写真をいっぱい撮っていました。また、群馬のライオンズクラブだと名乗られて、お礼を言って帰られました。我がクラブのメンバーは、3日間で延べ18時間を交代で、受付と案内の労力奉仕を行いました。障害者の描いた絵画が多くの方々に鑑賞して頂き、多くの方々に大きな感動を与えたことに、メンバー一同大きな喜びを感じております。来年も開催する予定ですので、観ておられない方々は是非とも観て頂き、大きな感動を受けて、涙を流して下さい。 (レポート:東京晴海LC L脇村孝友)
  • 会員増強ワークショップセミナーを開催・・・2月13日(月)13:30~16:30 会員増強委員会主催
    四ツ谷駅麹町口のスクワール麹町にて330-A地区「会員増強ワークショップセミナー」が開催されました。
    参加者は81名と会場は熱気に包まれ、グループ討議では「3年間で地区メンバー1万人を達成するには」のテーマでワークショップを行いました。本年は、国際協会本部3年増強計画に沿った1年目で第一歩を踏み出すためのキックオフとして実施され、各々のクラブが持っている会員増強の情報、抱えている問題点を出し合い、「1万人を達成する」ための方向性を共有しました。 「ホップ・ステップ・ジャンプと目標に向かって進んで行きたい」橋口委員長談
  • ITセミナーを開催・・・2月10日(金) 13:30~15:30 キャビネット事務局会議室にて
    <セミナーの内容・配布資料>関心ある方は参照ください。
      ★Eクラブハウスの利用について・・・クラブ無料ウェブサイトの立ち上げEクラブハウス
      ★デジタル写真の加工について・・・デジタル写真の加工知識投稿について
      ★いまどきのIT(インフォメーションテクノロジー)について・・・いまどきのITサマリー
      ★eMMRの活用法、クラブ運営に関して・・・eMMR-ServannA 最新情報
     2012年2月10日13時30分より15時30分まで西新宿330-A事務局会議室でIT委員会主催のITセミナーが開催されました。参加人数は36名。 大石ガバナーのご挨拶の後、テーマごとに講師からITを活かしたクラブ活動、運営、情報発信策等がプレゼンテーションされました。 参加メンバーからは、「Eクラブでホームページが無料でできるとは知らなかった」「今後、写真をメールで送る時にはサイズを小さくします」「クラウドやフェイスブックを一度試してみようと思います」「サバンナを活用すると出欠や様々な管理が簡単ですね」などの感想が寄せられました。次回セミナー開催の有無、テーマの深堀などIT委員会で協議していくことになりました。ご期待下さい。 (写真・報告 IT委員会副委員長 L赤尾嘉晃)
  • 「会員増強の夕べ」開催、参加の御案内
    会員増強による奉仕人口の拡大こそ最大のアクティビティであり、メンバーが増えることは、また真に友と呼べる人と出会えるチャンスが増えることでもあります。仲間を増やすことはメンバーにとってもクラブにとっても楽しいことではないでしょうか。その楽しさを実感していただこうと、今期の「会員増強委員会」では、中華バイキングを楽しむディナークルーズ「会員増強の夕べ」を下記の要領で企画いたしました。初夏の宵に、船上で新しきメンバーと親しく語り合うことは、とても素晴らしく楽しいことではないでしょうか。330-A地区の多くのメンバーの皆様をはじめ、会員増強をしたクラブ、メンバー、新メンバー、家族会員、ご家族の方々のご参加をお待ちしております。もちろん、例会振替も歓迎いたします。   会員増強委員会委員長  L橋 口 啓 一
                             
  • 1月23日(月曜日)臨時第1回キャビネット会議および賀詞交歓会を開催
    日 時 : 2012年1月23日(月)会 議 14時00分~16時30分 賀詞交歓会 17時00分~19時00分
    会 場 : 東京プリンスホテル2階「鳳凰の間」
    会議資料:議案集資料集①資料集②委員長報告書会議議事録(NEW)諮問委員会資料【資料集②_差替分】東日本大震災復興支援報告書
  • 第8回青少年英語スピーチコンテスト ~君のチャレンジ、未来を拓く~ ・・・ 出場者(発表者)募集中
    出場者(発表者)申込書(PDF)申込書(WORD)
    各方面で国際化が進む中、日本の青少年の英語力は未だ不十分な現状です。 自らの意見を英語で発表する機会にチャレンジする事は、英語力の向上に役立つと共に青少年の国境を超えたボランティアにも繋がることと存じます。 英語を話すことへの抵抗感をなくし、より身近なものにすることへの取り組みです。 ライオンズクラブメンバー、メンバーのご家族、一般の方々、幅広くご参加いただきたく、よろしくご協力のほどお願い申し上げます。
    日 時:2012年3月25日(日) PM1時:受付開始 PM1時30分~PM4時30分
    会 場:AP西新宿 新宿区西新宿7-2-4新宿喜楓ビル ℡:5348-6109
    出場者:高校生・大学生 約20名(一次選考により)
    テーマ:①東日本大震災に思う事 ②私の趣味 ③ボランティアを考える ④私の夢
    選考基準 1.日頃考えている事、意見等を英語で積極的に発表する意欲
         2.日常生活で英語をより身近なものにするための取り組み方
         3.流暢であるか否かは問わない

    賞状:石原東京都知事表彰(副賞:YE生として約3週間ヨーロッパに派遣) 
    主催:ライオンズクラブ国際協会 330-A地区YE委員会 問合先:YE委員長 織本真一郎 090-3230-2596 後援:東京都 ライオンズクラブ国際協会330複合地区YE委員会
  • 東京玉川ライオンズクラブ障害者支援チャリティバザー・・・2012年1月14日(土)11時より九品仏 浄眞寺参道にて開催
    毎年九品仏で開催される新春餅つき大会に合わせ出店。来場者は約3,000名。会員提供の品物のほか、障害者施設のクッキー・焼き菓子をその作業所の方と一緒に安価で販売します。事業資金獲得だけでなく、クラブ名入りのクッキー販売などでライオンズクラブのPRも行いました。100円均一コーナーなども設け、大賑わいでした。参加メンバー13名、ほか協力7名。
  • 「 新年を迎えて 」
           ライオンズクラブ国際協会330-A地区  ガバナー 大石 誠
    新年明けましておめでとうございます。
    皆様とこうしてめでたく新しい年を迎えられましたこと、まことに慶賀にたえません。「もっと友愛を! もっと奉仕を!」をガバナーズ・テーマに昨年7月にスタートした今期もはや半年がたち、今、折り返しの時を迎えようとしております。
    前半年の9月には、15回にわたるガバナー公式訪問を有意義かつ実りあるものとして終わらせることができました。これもひとえにリジョン・チェアパーソン、ゾーン・チェアパーソン、各クラブ会長様の一方ならぬご尽力のたまものと深く感謝を申し上げる次第です。また10月16日には日比谷公会堂にて330-A地区主催の「ダメ。ゼッタイ。薬物乱用防止大会」を大盛況、大成功のうちに終えることができました。ここでは“ライオンズの底力”を目の当たりにする思いがし、今思い返しても感激と感動を覚えます。本大会の開催に並々ならぬお力添えをいただきました関係各位にあらためて感謝の意を表する次第です。そして11月12日には東京都主催の「海の森プロジェクト」秋の植樹にはメンバーに多数かけつけていただきました。さらには、東日本大震災支援活動、台風12号災害支援活動など多彩な活動を展開し、まさに「もっと友愛を! もっと奉仕を!」のテーマにふさわしい半年であったと思います。
    さて、1月から後半を迎えるわけですが、もっとも大きなイベントは、4月21日(土)、東京プリンスホテルで開催される「第58回 年次大会」です。これは本年一年間の集大成ともいうべきもので、「伝統と前進」がテーマとなっており、成功に向けて、目下その準備が着々と進められておりますので、是非ご期待いただきたいと思います。
    最後にお願いがございます。今期は当初より事あるごとに会員増強を訴えさせていただいております。担当委員会の会員増強委員会でも会員増強にあたって様々な施策を打ち出しております。「奉仕人口の拡大、すなわち会員増強こそ、最大のアクティビティ」と言われております。各クラブ会長におかれましても今期後半さらに会員増強にお力を注ぎいただき、クラブ活力の強化をお願いする次第です。本年の皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。
  • 第17回品川区少年マラソン大会を開催・・・第9リジョン 品川LC・五反田LC・大井LC・荏原LC・・・12月23日、9:30~13:00 品川区大井埠頭中央海浜公園・スポーツの森・陸上競技場において。 主催:上記4クラブ、後援:品川区、大会運営:品川区少年野球連盟、協力:第9リジョン各クラブ、参加資格:品川区在住、在学の小中学生・・・この冬一番の寒気による冷たい風の中、学年ごとのレースで元気よく健脚を競いました。(小学3年生~中学生までの5クラス 約1,000名)(写真協力:高尾省吾L)
  • 東日本被災地支援・クッキー製作 ~家族と女性会員増強のためのアクティビティ~・・・家族会員・女性参加推進委員会(小川晶子委員長)・・・12月19日(月) 都内6か所(丸の内・新宿ぺぺ・渋谷パルコ・八王子東急スクエア・アリオ亀有・汐留)のABCクッキングスタジオにおいて15:00~17:00の時間に一斉に開催、汐留会場では阿久津第一副地区ガバナーをはじめ5名の男性会員も奮闘。 参加人数合計192名、1300人分のクリスマス用クッキーを製作、そのクッキーの名称は「幸せを呼ぶホワイトボールクッキー」です。 翌20日(火)には被災地・宮城県の仙台白百合学園小学校へ350個、名取市立増田小学校へ840個、美田園第一応急仮設住宅自治体へ167個のクッキーをスナック菓子2200個 氷菓3700本 マスク12万枚とともに届けました。 副委員長渡辺大五郎L、天間勝治L、それから村木緊急対策委員長が扮するサンタクロースによるクリスマスプレゼントに子供たちは大歓声を上げていました。 “ 飛び上がって喜ぶ、という言葉がありますがこのことかぁ・・と思うほどジャンプ・ジャンプ・ジャンプ! 子供たちの頭があちこちでぴょこ、ぴょこしていました。 執行部全員も心は飛び上がっていたと思います。 ”(委員長談)
  • 東京数寄屋橋ライオンズクラブ・・・チャーターナイト45周年記念式典を12月6日(火)東京會館において挙行・・・来賓、メンバーの家族、例会振替クラブ・友好クラブのメンバーそれからキャビネット役員など約250名が参加、映像によりクラブ45年の歩みを紹介、2名の新メンバーの入会式も行いました。 第2部ではシークレットライブショーとして赤い鳥・ハイファイセットの女性ボーカルとして活躍した山本潤子さんのミニコンサート、懐かしい“スカイレストラン”などの曲で盛り上がりました。
  • 11月21日(月) 第2回キャビネット会議を東京プリンスホテルにおいて開催・・・ 会議の内容については議案集資料集①資料集②資料集②追加委員長報告書提出案件東日本大震災復興支援対策本部から会員皆様へガバナー諮問委員会資料を確認ください。 ・・・会議議事録(NEW)が発表されました。
  • 11月24日(木)~27日(日) 第50回OSEAL(オセアル)フォーラムが開催されました。・・・フィリッピン・マニラ
    11月27日(日)   閉会式 
    11月26日(土)  各種セミナー・山浦国際理事主催 山浦杯ゴルフ大会 
    11月25日(金)   開会式・ガバナー主催晩餐会 「ありがとうマニラライオンズクラブ感謝の集い」
    11月24日(木) 東日本支援チャリティゴルフ大会・ウェルカムディナーパーティ
  • シドLCIF理事長が来日・・・11月17日、シドLCIF理事長が来日されました。山浦国際理事はじめ、330複合地区役員と国際理事委員会が成田空港で、宿泊先のニューオータニでは330各地区のガバナーが出迎えました。翌日は各地訪問のため、東京駅から新幹線で出発されました。滞在中は被災地訪問やLCIF理事長セミナー(11月22日開催)が行われました。(記事・写真:国際理事委員会 浅井L・PR情報委員会 鈴木L)
  • 会員維持委員会より退会防止アンケート調査結果および退会防止対策案が発表されました。・・・8月31日に各クラブに発信したアンケートの回答要約、それに基づいて委員会にて検討された対策案の報告です。 各クラブ会長・幹事・会員委員長それからRC・ZCの方はぜひご覧ください。
  • 11月11日(金)ゾーン・チェアパーソンセミナーを開催・・・指導力・若手育成委員会
    熱気溢れるゾーン・チェアパーソンセミナーに感謝・・・委員長 三輪 正雄
    11月11日(金)、雨天にも関わらずゾーンチェアパーソン35名の内28名の出席、そして大石ガバナーを始めとするキャビネット役員24名、当委員会メンバー14名の総勢66名という多数の参加者により、初めてのゾーン・チェアパーソンセミナーを開催することができました。
    プログラムは当委員会副委員長で2010~2011年度13R1Zのゾーン・チェアパーソンであった宮澤公廣Lの体験談を皮切りに、第一副地区ガバナー阿久津隆文Lの自ら歩んできたライオンズライフの中でのリーダーシップ形成の方法、そして政策計画委員長 向徹男Lのゾーン・チェアパーソンマニュアルおよびライオンズ必携の有効的な使い方とリーダーとしてのライオンズマンの在り方について熱弁をふるっていただき、予定より30分もオーバーする熱いセミナーとなりました。講師の方々のお話はどれも有意義で情熱に溢れ、何よりもライオンズを愛されていることが切々と伝わってくるものでした。開催準備段階では、本当にゾーン・チェアパーソンが何人参加していただけるのか?不安もありました。しかし、ライオンズクラブの組織の中で中枢を荷うのはゾーン・チェアパーソンであり、その認識を深めて活躍することでライオンズクラブは変わるものと信じて今回のセミナー開催に至りました。終わってみれば、私自身にとっても価値のある、そしてもう一度ライオンズにおけるリーダーシップのあり方を再認識させられたセミナーでありました。このような有意義なセミナーを開催できたのも大石ガバナーを始めキャビネットの方々、ゾーンチェアパーソンの方々の多大なご協力があってのことと改めて感謝申し上げます。
  • 「海の森プロジェクト」秋の植樹を行いました。・・・環境保全委員会
    日時:2011年11月12日(土曜日) 13:00~15:00
    場所:「海の森」公園予定地江東区青海三丁目地先中央防波堤内側埋立地内」・・・当日は晴天に恵まれ、地区メンバーおよびその家族・友人など約180名が参加、植樹ボランティアの方の指導の後に今回の植樹予定区画へ約1メートル間隔に数種類の苗木、約3000本を植え込みました。 この公園は約10年の歳月をかけて整備され、将来の東京湾岸地区およびその風が流れ込む東京都心の環境に貢献することが計画されています。
  • 東京ワンハンドレッドLC(1R3Z)公式ホームページ公式ブログへのリンクをクラブホームページ一覧表に掲載しました。 頻繁に更新されていてクラブ活動・運営の参考になります。 ぜひご覧ください。
    http://www.lions330-a.org/club/club_hp.html
  • 10月16日(日)13時~16時 日比谷公会堂にて 「ダメ。ゼッタイ。 薬物乱用防止大会」ライオンズ奉仕デーを開催しました。 天候にも恵まれ、都内各地域から少年少女とその保護者が数多く参加し、日比谷公会堂は超満員となりました。 警視庁や国連麻薬・犯罪事務局の方々から薬物の危険性と興味深い歴史などの講演を頂き、子ども達も「友人に教えたい」などの感想を述べていました。 また、江戸川東LCメンバーの「寸劇」も披露され、解りやすく、薬物への誘いとその断り方を皆で学習しました。 後半は、ミニコンサート(松原美香withプリモ)と江東区立明治小学校マーチングバンドの一生懸命、そして軽快な演奏で会場は感動に包まれました。 なお、18時45分からのNHK首都圏ニュースで本アクティビティが紹介されました。(65秒)(写真撮影:鈴木郁朗L、赤尾嘉晃L スライド作成&レポート:赤尾L)
  • 台風12号災害支援の御礼と報告(緊急対策委員会)・・・先に9月9日付文書で皆様にお願いした緊急物資支援につき、さっそく多数のクラブよりご支援・ご提供をいただきました。 330-A地区の各クラブによる緊急物資支援活動について緊急対策委員会よりレポートが発表されましたので、ぜひご確認ください。
  • 10月1日(土)日本ライオンズ女性会員フォーラム開催・・・2011年10月1日(土)、浦安市のホテル「ヒルトン東京ベイ」に於いて、アメリカからソニア・プーリー、アイスランドからグッドラン・イングバドター2人の女性の国際理事と高田順一国際理事、後藤隆一元国際理事が参加して、日本ライオンズ女性会員フォーラムが開催されました。(ホスト:333-C地区)・・・内容についてはフォーラム報告書をご参照ください。
  • 9月26日(月)LCIFセミナーを開催・・・明治記念館にて13:30~16:00 約130名参加・・・LCIF委員会藁谷委員長、大石ガバナー、山浦国際理事、石井LCIFコーディネーターの挨拶の後、LCIF田辺開発課長による献金・交付金についての詳細な説明がありました。 引き続き事例発表として東京LC幹事守時L,新都心LC北村L,代々木LC前会長中江L,豊島LC会長川西L、豊新LC会長堀Lより発表が行われました。
  • 9月25日(日) 地区ニュース第1号(AUTUMN)を発行(PR・情報委員会)・・・
    地区PR・情報委員会では地区IT委員会とともに地区ホームページあるいは地区ニュースに掲載するため、地区内の各クラブからのアクティビティ情報を求めています。各クラブから取材の要請などがある場合、この取材依頼シートに必要事項を記入の上、キャビネット事務局あてにファックスまたは以下のアドレス宛に電子メールに添付してお送りください。PR情報委員会が可能な限り取材依頼に応じます。当委員会が取材に行かれない場合は下記の投稿専用電子メールアドレスにお送りください。toukou11@lions330-a.org 取材依頼や投稿は誌面の都合上、地区ニュースに掲載をお約束するものではありませんが、地区ホームページでは必ず紹介いたします。*デジタルカメラで撮影した写真は、画像解像度1024×768ピクセル・1MBを越えない程度のJPEG形式でメールにて添付ファイルとして送ってください。プリント写真をスキャンしてデジタル化したものでもかまいません。その場合、ファイルの形式は前項に準じて下さい。 文書等はテキストファイル(ワード)で作成して下さい。 文書と写真は別ファイルでお送り下さい。
  • <緊急>台風12号災害について緊急物資支援のお願い・・・台風12号による甚大な被害が各地区に出ています。 特に、334-B地区(三重県)熊野市、御浜市、紀宝町では土砂災害や浸水災害などの大きな被害が出ている状況です。 そこで、330-A地区として、緊急物資の支援を迅速に行いたいと思います。 被災地への救援物資の内容も刻々変化していますが、さしあたって現在必要とされているものは下記の品目です。 皆様方の暖かなご協力をお寄せください。
  • ■ 緊 急 物 資 ミネラルウォーター・トイレットぺ-パー・ボックスティシュ・マスク・ウエットティシュ・ポリタンク(5リッター用または10リッター用)・防塵メガネ(ゴーグル)
    ■ 支 援 期 間  9月8日(木)~9月15(木)まで
    ■ 支 援 物 資 送り先 〒519-5701 三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿1074-1
                  社会福祉法人 紀宝町社会福祉協議会 ℡0735-32-0957
    注意事項支援物資添付用ステッカー
  • 9月6日(火) ガバナー公式訪問を開始(10R)・・・9月6日(10R)より9月30日(12R2Z)まで地区14リジョンをリジョン単位(12Rのみゾーン単位)で大石ガバナー・キャビネット幹事団が訪問します。 同時に各クラブ会長・幹事対象の事前懇談会を開催、各クラブの現状把握、それから会員増強、アクティビティなどについて意見交換を行います。(写真撮影:山本康弘L)
  • 9月3日(土) 各クラブYE委員長会およびYE派遣生帰国報告会を開催・・・13:30~17:30 AP西新宿において開催、各クラブのYE委員長それから2010~11年度YE派遣生12名およびYE関係者が出席しました。 第1部 各クラブYE委員長会では本年度のYE派遣生について、ノンライオン子弟のYE派遣生について、それからホスト家庭引き受けについて委員会より説明があり、その後2クラブによるホスト家庭体験談の発表がありました。 第2部 YE派遣生帰国報告会においては330-A地区派遣生12名それから他地区派遣生(東京オリエンテーションへ参加)2名の報告が行われそれぞれの体験談、苦労した点、印象に残った事など感情を込めての発表がありました。・・・参考資料:YEプログラム
  • 9月1日(木) ウィンクン・タム国際会長公式訪問・・・8月30日に来日(関西)、9月1日午前中に東京へ到着、15:30~18:30に国際会長公式訪問がホテルニューオータニにおいて開催されました。 それに先立ち13:00~14:30には各クラブ会長とのディスカッション(presidents meet president)が憲政記念館において行われ、タム国際会長のテーマ「信じる」(I believe)、今期プログラムの百万本植樹キャンペーンそれから会員増強、家族会員、女性会員などについて質疑応答がありました。 9月2日午後は新宿駅東口のライオン像を訪れ、地元新宿LCのメンバーほか大勢の330-A地区メンバーに囲まれ歓迎を受けました。 9月3日~4日には東北地方被災地を視察、9月5日に離日の予定です。・・・ウィンクン・タム国際会長テーマ・プログラム
  • 8月29日(月) 東京ヒルズライオンズクラブ、認証状伝達式を挙行・・・新宿京王プラザホテルにおいて式典、その後祝宴を開催しました。大石ガバナー以下、来賓・地区役員・3リジョンクラブメンバー・友好クラブメンバーなど約120名が参加、国際協会本部よりの認証状伝達、記念アクティビティの発表などを行いました。所属は3R3Z、チャーターメンバー25名、平均年齢44歳。記念事業として東日本大震災支援事業ー南三陸志津川LCを通じ南三陸町へ車一台・子供用靴600足、子供用帽子220個を寄贈しました。来賓として車を寄贈したフルブライト日米教育委員会サターホワイト事務局長、それから南三陸志津川LCより小坂会長も出席されました。(写真撮影:梶原正和L) 
  • 8月22日(月)日本橋ふれあいコンサート(東日本大震災被災者支援チャリティ)を開催・・・13:00~15:30日本橋公会堂「日本橋劇場」・東京日本橋ライオンズクラブの結成55周年記念事業・・・視覚に障害のある演奏家の方々のコンサートを通して障害者の皆様の自立、社会参加への意識の向上を図ると共に青少年及び一般の皆様に、障害に対する理解を深めていただく目的で開催しました。 第一部では開会セレモニーに続き日本伝統舞踊伝承会により地歌舞を披露、第二部では視覚障害者を中心としたクラシック音楽の演奏家団体「新星’78」によるコンサートが行われました。
  • 8月13日(土)~14日(日) 大石ガバナー以下キャビネット幹事団5名が、東日本大震災被災地を視察訪問しました。332-C地区の阿部浩ZCに案内いただき、宮城県石巻市、女川町、南三陸町を回り、5か月を経ても復興の進まない現状を目の当たりにし、災害の大きさ、悲惨さを実感しました。MD332開発コーディネーター杉山正夫Lをはじめ、石巻、女川のライオンズの方々からきびしい現状の中でも、希望を失わずに活動されている話を伺い、今後の330-A地区が担うべき役割の大きさとニーズの重さを感じてまいりました。(写真撮影:湯田啓一L・田中圭子L)
  • 8月12日(金) 東京ヒルズライオンズクラブ・・・認証状伝達式の記念アクティビティとして、2011年8月12日、宮城県南三陸町の南三陸志津川ライオンズクラブを通じて、現地へ車1台、子供用靴600足、子供用帽子220個を寄贈・・・詳細レポート(会長 橋本隆夫)
  • 8月9日(火) 第1回クラブ会長会を開催、翌日10日(水)にはRC会、ZC会も開催・・・8月9日、会場のAP西新宿会議室に地区200クラブの会長が集結しました。 薬物乱用防止委員会の津村委員長より10月16日(日)開催の薬物乱用防止大会について趣旨説明、協力依頼、準備の進行状況についての説明などがあり、引き続き会員増強委員会の橋口委員長より各クラブの会員増強について戦略的・計画的に取り組みをお願いしたい旨説明がありました。(関連資料:会員増強計画書会員増強シート入会呼掛けリスト)(写真撮影: 梶原正和L)                                                 
  • 8月8日(月) 東京ひかりえライオンズクラブが認証状伝達式典を開催・・・去る6月6日に結成会を行った東京ひかりえライオンズクラブ(会長 L峯島孝雄、幹事 L飯島光幸 所属:11R1Z 会員数:20名))が東京プリンスホテルにおいて認証状伝達式および祝宴を開催しました。スポンサークラブは東京数寄屋橋ライオンズクラブです。(写真撮影:奥山貞夫L)
  • 7月25日(月)第1回キャビネット会議を開催(東京プリンスホテル 会議 13:30~16:30)今期の最初の全体会議・・・キャビネット構成員、各委員会副委員長・委員、それから複合地区役員が参加、今期キャビネットの運営方針、主要行事・ガバナー公式訪問の予定、各委員会への諮問事項、それからキャビネットの新組織・体制などについて発表、提出案件について審議しました。会議の内容については<議案集資料集①資料集②提出案件地区委員会からのお知らせ>をご参照ください。 会議議事録(NEW)諮問委員会資料 (写真撮影:鈴木郁朗L、木下知紀L)
  • 7月16日(土)夏期YE派遣生壮行会を開催・・・AP西新宿にて17:30よりYE委員会(2010~11)が開催。 330-A地区の派遣生9名および他地区派遣生(東京地区オリエンテーションへ参加)4名の計13名を前地区ガバナー河合L、オリエンテーション講師、YE委員会、YE生派遣クラブメンバー、父兄代表などの関係者が激励しました。 7月後半~8月末にかけてMD4(カリフォルニア州)、フィンランド、オーストラリアそれからマレーシアに向けて旅立ちます。  
  • 東京豊新ライオンズクラブ 被災地支援アクティビティ報告 ~2011年7月9日・石巻市役所と牡鹿半島鮎川地区へ取材~ 「震災から4カ月のニーズ変化・経済活動の復活支援方法を考える」 ( 詳細レポート:豊新LC 赤尾嘉晃L)
  • 7月8日 第94回国際大会(シアトル)の閉会式においてガバナーエレクトのリボンが外され、大石ガバナーが誕生しました。 ・・・ シアトル国際大会の写真アルバムをご覧ください                                                
  • 330-A地区アクティビティ・スローガン 「喜ばれる真の奉仕・社会と共に」
    ガバナーズ・スローガン          「今を見据え、さあ! 始めよう」
    ガバナーズ・テーマ            「もっと友愛を! もっと奉仕を!」
                         明るい豊かな社会づくりと、ライオニズムの高揚のために
    ガバナー・カラー             ワインレッド(DIC28版 №230)
  • 国際会長  ウィンクン・タム(中国・香港)
    テーマ : 「I BELIEVE ~ 信じる」
    2011~2012 年度、各地区は、家族同様に仲間の会員と接し、会員がもたらす力を信じ、会員増強に向けて行動を起こすよう奨励されます。私たちは新たな高みへと自分たちの奉仕を拡大していくことの重要性を信じ、必ず成功させるのです。その推進力となるのは、100 万本の木を植えるという特別なキャンペーン。これまで以上に多くの若者やレオを私たちライオンズが行っているすべてのことに参加させることで、私たちの未来をしっかりと築いていけることを信じます。一人ひとりが違いをもたらすことができることを信じるのです。ライオンズとして結束した時、世界全体を変えることが可能であることを信じるのです。ひとつの人生、あるいは世界を変えることは、私たち一人ひとりからまることを信じるのです。

NEWS新着情報

2011年7月11日
330-A地区キャビネットホームページをリニューアル
2011年7月4日~8日
シアトル国際大会(第94回)開催
7月8日の閉会式においてL大石 誠が330-A地区ガバナーに就任
2011年7月~2012年6月  
キャビネット会議 ※時間については変更となる場合があります。
第1回 2011年7月25日(月) 会議13:30-16:30 =東京プリンスホテル 委員会16:30-17:00 懇親会17:00-19:00 ※元ガバナー・キャビネット構成員・委員会副委員長・委員・複合地区役員
第2回 2011年11月21日(月) 会議未定 = 新宿京王プラザホテル ※キャビネット構成員
臨時第1回 2012年1月23日(月) 会議未定 =東京プリンスホテル賀詞交歓会未定 ※元ガバナー・キャビネット構成員・委員会副委員長・委員・複合地区役員
第3回 2012年3月21日(水) 会議未定 =東京プリンスホテル ※キャビネット構成員
第4回 2012年6月11日(月) 会議未定 =東京プリンスホテル懇親会未定 ※元ガバナー・キャビネット構成員・委員会副委員長・委員・複合地区役員
ウィンクン.タム国際会長 公式訪問 2011年9月1日(木)予定=東京都 (MDホスト地区未定)
OSEALフォーラム
第50回 東洋・東南アジア・ライオンズ(OSEAL)フォーラム 2011年11月24日~27日=MD301   フィリピン・マニラ(パサイ市)
第51回 東洋・東南アジア・ライオンズ(OSEAL)フォーラム 2012年11月8日~11日=MD337   日本・福岡県(福岡市)
国際大会
第95回国際大会 2012年6月22日~26日=韓国、釜山
第96回国際大会 2013年7月5日~9日=ドイツ、ハンブルグ
第97回国際大会 2014年7月4日~8日=カナダ、オンタリオ州 トロント
第98回国際大会 2015年6月26日~30日=米国、ハワイ州 ホノルル
第99回国際大会 2016年 日付未定=日本・福岡県(福岡市)
第100回国際大会(国際協会創立100周年記念大会) 2017年 6月30日~7月4日=米国、イリノイ州 シカゴ
年次大会
A 地区(第58回) 2012年4月21日(土) =東京プリンスホテル
B 地区(第58回) 2012年4月22日(日) =神奈川県民ホール
C 地区(第58回) 2012年4月 8日(日) =式 典/大宮ソニックシティ
  懇親会/パレスホテル大宮
330複合地区(第57回) 2012年5月13日(日)予定=浦和ロイヤルパインズホテル
シド L スクラッグスLCIF理事長LCIFセミナー 未定=東京都 (MDホスト地区未定)
その他
ライオンズクラブ奉仕月間 2011年10月1日~30日=詳細未定
「薬物乱用防止キャンペーン」 2011年10月16日(日) =日比谷公会堂